香典返しで贈るのは

香典返し

返す時期と返さなくていい場合

親族の葬儀に参列してくれた人には、お礼状を出すことがありますね。香典やお供え物をいただいた場合は、香典返しもしないといけません。 早くお礼をしなくてはと思ってしまいますが、香典返しは忌明けに送るものとされています。忌明けとは、四十九日目のことです。遺族の気持ちがひと段落したら、お礼の手紙と共に送るものなのです。ですので、葬儀が終わってからすぐに香典返しをしなくては、とあわてなくても大丈夫です。 ちなみに、香典返しをしなくてもいい場合というものがあります。それは、一家の働き手が亡くなってしまった場合です。両親がなくなり、子供だけ残されてしまった場合も、必要ありません。ただし、お礼状は出すのがマナーです。

なにを返せばいいのか

香典返しの予算はどれくらいにすべきか、悩みますよね。一般的には、いただいた香典の半額を返すとされています。お金ではなく、贈り物で返す場合もあります。香典をいただいた人全員に、同じ品物を贈っても問題ありません。しかし、金額に応じた品物をいくつか用意して、それを返すという方法もありますね。 では品物で香典返しをする場合、どういった物を贈ればいいのでしょうか。会社から香典をもらった場合は、茶菓子などがいいですね。会社のみなさんで召し上がってもらえるからです。 個人に返す場合は、石鹸やお茶といった物がいいですね。香典返しは、あとに残らない物がいいとされているからです。 最近では、カタログギフトを贈るという方法もあります。好きな品物を相手に選んでもらえるので、何を返せばいいのかと悩むこともないでしょう。

Copyright© 2017 費用を抑えてお墓を建てたいなら納骨堂がベスト All Rights Reserved.