香典返しについて

数珠

香典返しは、半返しが基本である

不幸にも身内が亡くなったら、通夜、葬式を行います。 その時に来訪者から頂くのが香典です。 香典の金額は決まっていませんので、どの方がいくら香典を包んでくれたのかチェックする必要があります。 それは、香典返しにも影響するからです。 香典返しは、基本的には「半返し」と言われています。 ですから頂いた香典の金額によって、お返しする品も変わってくるわけです。 最近では、香典を供えてくれた人に、品物ではなくカタログギフトをお送りすることが多くなってきています。 カタログギフトにすれば、香典返しの品物を考える必要もなく、香典を供えてくれた方も自由に選ぶことができるので、両者にとって便利なのです。 今後とも香典返しは、品物ではなくカタログギフトをお送りすることが多くなると思われます。

当日返しとの関係に、注意する必要がある

最近では、当日に当日返しをする人が増えています。 葬式に出席すると、お茶などを頂くことがありますが、これが当日返しです。 この当日返しの値段も半返しに加えるのが普通です。 仮にお茶代を2000円とします。 ある方が、香典を1万円お供えしてくれた場合、基本的には香典返しは5000円となりますが、お茶代の2000円を香典返しの5000円から引くことができます。よって、香典返しは3000円となります。 また稀にあるのですが、香典を3000円供えて下さる場合は、1500円になるのでお茶代の方が高く付きます。 この場合は、香典返しは不要となります。 このように、最近では当日返しもよく行われるようになりました。 来て下さった方に感謝のしるしとして、直接にお渡しすることが出来るというメリットもあります。 この当日返しと香典返しの関係は、しっかりと覚えておいた方が良いと思います。

Copyright© 2017 費用を抑えてお墓を建てたいなら納骨堂がベスト All Rights Reserved.