香典返しを行う

香典返し

まずは参列の人数の予測から。

葬儀の折りの香典返しは葬儀会社に式典など一通りを依頼した場合は、基本コースの中から選ぶ事になります。 この時に判断しなくてはいけないのは参列者の人数の予測と、葬儀後に焼香をあげに訪問してこられる人数の予測です。 この両方を予測して香典返しの数を決める事になります。 通常、一般的には香典返しは香典の平均額の半分程度といわれています。 香典はごくごく普通の立場の場合は3千円程度が最近の平均額のようです。 香典返しの品物は昔から煎茶が一般的ですが、煎茶と日本酒のセットであったり、化粧箱に入ったティーバッグセットであったりと最近はニーズにあわせた品が用意されている事が多いです。 葬儀や告別式に参列した人には手私で持ち帰ってもらいます。 その他に自宅にこられた人の為に何個かは家に運んでもらいましょう。

一般的に香典返しに用いられる品は。

香典返しは法事に関わる物と判断して良いので、形に残らない物を選んで参列された人に渡す慣例があります。 形に残らない物とは消耗品の事をさしますが、法事は大抵の場合中にお茶が必ずおりこまれています。 宗派の違いでお清めの塩を使わない葬儀もありますが、参列する人の宗派も様々なのでお清めの塩は香典返しにつけておいた方が良いでしょう。 お清めの塩は葬儀場で用意している所もありますが、用意が無い所もあるのです。 所属している会社や電報のみいただいた相手の場合は、故人とのつきあいの深さである程度判断をしましょう。 気持ちとして香典返しを渡したいのに受け取ってもらえない場合は、形をかえた品を送るのもひとつの方法です。 その家の人の好みの物で、日常的に使いきれる品を贈ると良いでしょう。 思いが伝われば形にあまりとらわれる必要は無いです。

Copyright© 2017 費用を抑えてお墓を建てたいなら納骨堂がベスト All Rights Reserved.