継承者がいないお墓は

線香

管理や供養を委託できる

京都では、一般墓とは別に永代供養墓を設置している霊園が増えています。継承者がいない人は永代供養墓にすることで、お墓の管理を霊園にしてもらうことができます。これはお墓の清掃のほか、春と秋の彼岸やお盆、正月などには僧侶が合同供養をしてくれます。永代供養墓は個別のお墓と合同供養墓があります。どちらも契約時に永代供養料を納めれば月々の管理料などを支払う必要はありません。また個別のお墓の場合、お骨は一定期間が経過したら合同供養墓に埋葬されます。この場合、再契約をすれば個別墓をそのまま使用することができます。お骨を移し替えた個別墓は霊園に無償返却されることになります。個別墓の契約期間は京都の霊園によって違い、通常50年か60年程度です。また霊園では個別墓にも様々なタイプを用意しているところもあります。個人だけでなく夫婦のお墓や、家族用で人数に制限なく納骨できるお墓などもあります。中にはペットと一緒に納骨できるお墓もあるのです。また一般墓を途中から永代供養墓に変更できる霊園もあります。京都で永代供養墓を選ぶには様々な選択肢があります。また霊園はお寺が管理している場合が多いのですが、宗教に関係なく利用することができます。お寺の檀家などになる必要もありません。京都の霊園では納骨堂を用意しているところもあります。納骨堂はお墓よりも抑えた費用で利用することができます。そのため納骨堂の永代供養も人気となっています。

Copyright© 2017 費用を抑えてお墓を建てたいなら納骨堂がベスト All Rights Reserved.